緑内障の特徴を詳しく解説【目の病気を予防しよう】

HOME>Topics>目の病気を未然に回避しよう【緑内障って何?】

目の病気を未然に回避しよう【緑内障って何?】

目

多くの人が抱える目の病気

全国に200万人ほど発症者がいる緑内障は、誰でも発症するリスクのある病気です。原因は眼圧が高くなることで、年齢が高くなっていくほどに発症する危険性が高まっていくんですよ。

緑内障の主な症状

  • 視野がだんだん狭くなっていく
  • 視力の低下
  • 目のかすみ
  • 充血
  • 目の痛み

珍しい病気じゃない

多くの人が症状に悩まされている緑内障は、決して珍しい病気ではありません。実際に、40歳以上では全体の5%ほどが緑内障を発症しているというデータが存在しています。また、緑内障は自覚症状が無いため、初期状態で治療できるケースは稀だと言えます。

緑内障に関する疑問を大調査

目元

緑内障の治療法が知りたいです

緑内障の主な治療方法は点眼薬の利用です。緑内障の種類や症状によって処方される薬が違います。また、体質によっては効果が現れない薬もあるので、日々の改善状況をしっかり確認しておきましょう。

予防するにはどうしたらいいでしょうか?

緑内障を予防するためには、食生活の改善や運動を取り入れるなどの方法が有効的です。また、食事の際にはビタミン類や亜鉛など緑内障の改善に効果的な栄養素を効率的に摂取すると良いでしょう。

症状が進行するとどうなるんですか?

緑内障は、症状が進行していくごとにだんだんと視野が狭くなっていきます。そんな状況を放置していると、最終的には失明してしまいます。そのため、目に違和感を感じたらすぐに専門の医療機関を受診しましょう。

処方せんの効果を高める方法ってありますか?

緑内障治療の為の処方せんの効果を高めたいなら、漢方の利用がお勧めです。専門薬局なら、専門家が状況に合った薬を作ってくれますよ。ですが、それが難しい場合には食事の中で抗酸化作用のある栄養を摂取することが最適と言えるでしょう。